美容やオシャレへの関心が高まってきた現代社会では、美容にまつわる教養や知識を持つことが有用といえるでしょう。特に美容の仕事に従事することを希望するなら、しっかりとした資格を持っていることが大事です。とはいえ、身近なところでは美容師と理容師を除けば国家資格を持っていなくても、美容にまつわる仕事に就くことも可能です。「日本化粧品検定」という資格をご存知の方もいるかもしれません。その名称から想像することも可能ですが、化粧品全般にまつわる知識が求められる資格です。具体的には化粧品の成分や効果効能、副作用の有無などといったことまで把握していることが求められます。3級から1級までの種類がありますが、3級はネット上でも受けることが可能です。1級を合格するためには、化粧品全般の知識を網羅するとともに、法令や法律にまつわる問題にも範囲が及ぶため、難しいといえるでしょう。今や女性のみならず、男性の多くも化粧をする時代ですので、所持することによるメリットは大きいといえます。