PR|カラーカウンセリングでより美しく |

京都のでセルライト対策に行き、エステティシャンや華やかなイメージがある美容部員さんのお仕事、デパートのコスメ売り場などを 子供のころに訪れて憧れだなと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。 私も東京の美容学校の通信課程で学んだことを生かして、思い切って美容部員へ転職しました。リンパマッサージスクールにも通いました。美容部員さんのお仕事は、化粧品売り場に訪れたお客様のお悩みをお聞きしてそのお悩みが解決できるような化粧品の提案や使い方のアドバイスなどを行うといった内容になります。

実際にお客様に化粧品を使っていただくこともあり、美容部員さんがお客様のお肌を触ってメイクを行うこともあります。 メイクやスキンケアも行う必要があるので、お肌の構造についてはしっかり学んでおかなければいけません。そして自社の化粧品についての知識もしっかりとなければお客様におすすめすることができません。主なお仕事はお客様対応となりますが、それ以外にも美容部員のお仕事は沢山あります。

例えば新商品が発売されたらお客様にお知らせする仕事や、商品を検品したり在庫を確認したり、陳列整理も行います。お店をきれいにするお仕事も美容部員の仕事です。また会員制度などを設けている場合は、会員様の管理なども仕事に含まれてきます。カウンセリングシートを作成し、購入履歴を管理するなどがあります。 前回使用した化粧品でのお肌の変化はどうだったかなど次回来店された際にお話を伺ったりします。

そして新たな提案をしたり、使い方のアドバイスをしていくのです。 おすすめした化粧品でとても嬉しい変化があったという声が聞けると仕事のやりがいを感じますね。そしてアドバイスできたことで自信を持てます。 沢山のお客様と接していく中でどのようにアドバイスしていけばよいのか、どうやってお勧めしていけばよいのかなどが身についていきます。

そのため沢山のお客様の相談にのっていけるように積極的に行動していかなければいけません。お客様に相談される前に声かけしたりしなければいけないので、コミュニケーション能力が必要です。コミュニケーションスキルを身につける勉強も併せてしておきたいですね。

PR|会社経営に必要な知恵袋|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|AGAでお悩み解決|マーケティング経営研究.net|工務店向け集客ノウハウ|ダイエットチャレンジ100日|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|お家の見直ししま専科|女性のための薄毛治療研究会|