美しさへ導く「資格」は武器になる!

美を磨くには、色々な方法がありますが、中には仕事にしたいと思っている方もいると思います。だけど、私にもできるか心配だと感じている方におすすめの方法があります。それは「資格」です。資格は学歴のようにあっても損はないものです。そこで、美に関する資格をご紹介して行きたいと思います。

まずは、髪のスペシャリストである美容師の資格です。こちらは国家資格であり、取得していないと美容師として働くことができません。手順としては専門学校に通った後、資格を取るというスタイルになっています。

次に、究極の美であるエステティシャンの資格についてです。エステの資格はたくさん種類があり、認定エステティシャンや認定フェイシャルエステティシャン・認定ボディエステティシャン等をはじめとする資格があります。手順は資格によって様々ですが、実務経験やスクールのみで受けられるものもあります。こちらは、美容師とは違い、国家資格ではないので取得していなくても働くことはできますが、その分就職には不利になる可能性がありますのでよく考えましょう。

そして、顔を美しく輝かせてくれるメイクの資格では、日本化粧品検定(コスメ検定)等があり、1級から3級まであり、難易度も異なります。就職先は、化粧品販売や美容師、メイクアップアーティスト、ネイリスト、カラーコーディネーター、看護師、医師などがあります。これまでの資格とは違い、誰でも受験することができるので、チャレンジしてみたい人は頑張ってみてください。